デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。
デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

LX-3に、ニコンダイレクト オリジナルストラップ ゼブラを取り付けてみる

ハマ マグナムデジライト

LX3に、一眼用ストラップ

LX3をキャップレスに

カメラ選び
カタログやHPを見ただけではわからないカメラ選びのポイントを解説

マイクロフォーサーズで遊ぶ
コンパクト レンズ交換式カメラを楽しむ

ムービー

Adobe Premiereの解説

応用編

AVCHDをTMPGEnc+Core i7で変換

AVCHDの変換あれこれ

PowerDirectorでAVCHDもサクサク編集

ビデオカメラの基礎
デジカメと似てるようで違うビデオカメラについて解説

ドライブ

鯖街道 若狭街道

山中越え(志賀越え) 

お花見 花の名所・観光スポット

桜の名所・観光スポット

桜以外の名所・観光スポット

紅葉の名所・観光スポット

菜の花の名所・観光スポット

ひまわりの名所・観光スポット

コスモスの名所・観光スポット

お子さんと地図を読む

ドアプロテクターで、駐車中の愛車を傷から守る

リンク集

無題ドキュメント

カメラ選び7 撮像素子(イメージセンサー)のサイズはカメラの性格を決定する


 

ホーム > デジタルカメラトップへ > 素子のサイズはカメラの性格を決定する

デジタルカメラや、デジタルビデオカメラにとって、撮像素子(イメージセンサー)が非常に重要な役割を持つ事は以前から何度か取り上げてきました。 撮像素子は、レンズから入った光を電気信号に置き換える部品です。レンズの良し悪しと共に、撮像素子の良し悪しは出力される画像の画質を決定してしまうばかりか、低照度下でのノイズの量まで左右してしまいます。

撮像素子のサイズはカメラによって違う

現在販売されているデジタルカメラに搭載されている撮像素子のサイズは大小様々。解像度競争が一段落したのもあって、最近では以前より撮像素子のサイズにもスポットが当たるようになってきてはいますが、それでも、初心者にとっては見落としがちなポイントです。

コンパクトデジタルカメラに搭載されている素子のサイズは対角長が1/2.33インチ~1/1.6インチで、縦横数ミリ程度。これに対して、大型の素子を搭載している一眼レフでは

比較的小型の素子は縦横の長さでは無くて対角長で、素子のサイズを表すので、ややこしいのですが…(しかもインチ)

このように、コンパクトデジカメと、一眼レフでは、撮像素子のサイズに大きな隔たりがあり、一番小型の素子を持つフォーサーズでも、コンパクトデジカメの10倍程度の面積を持ちます。これは、もし両者が同程度の解像度を持つとすれば、一画素辺りの受光面積に10倍程度の差が有ります。これだけ大きさに差が有ると、感度や、微細化によるノイズによる影響をコンパクトデジカメの素子が受けやすいのも、何となく理解出来ます。

撮像素子のサイズでレンズのサイズが決まる

では、大きなセンサーを持ったデジタルカメラが、どのような状況でも一番なのでしょうか?これは使う人のスタイルによって変わってくるものです。大きなセンサーに対応する高性能なレンズというのは、とかく大きく重く、どうしても腕力が必要となります。まして、フルサイズの素子を搭載したカメラでハンドバックに収められるカメラなど現在の光学技術では不可能です。

何か、画期的な発明があって、光学技術に革命が起こらない限りはこの状況が変わることは有りません。レンズの設計にコンピュータが導入されるようになっている現在においても、レンズが極端な小型化を達成出来ていない現状が、その難しさを語っています。

世の中には、ハンドバックに入るカメラの需要も有れば、重さなど度外視しても高画質を追求出来るカメラの需要も有ります。ハンドバックサイズを実現するには、やはり無理を承知で素子のサイズを小型化するしか無いのです。最近話題のミラーレス一眼はかなり小型なボディーサイズの製品がラインナップされていますが、レンズのサイズは、ほぼ素子のサイズに左右されます。同じミラーレスでも素子のサイズが小さいマイクロフォーサーズ機の方がAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラよりもレンズのサイズは小さいです。

また、せっかく本気な撮像素子を搭載したフルサイズのデジタル一眼レフならば、レンズも描写力の高い高性能レンズを使いたくなります。一般的に描写力の高いレンズは重いので、交換レンズも含めると、ますます重くなるわけですね。カメラ選びには自分の体力も計算に入れるべきでしょう。

小型撮像素子は高倍率ズームにも有利

どこのカメラメーカーでも、比較的高倍率のズームを搭載しているコンパクトデジタルカメラをラインナップしていますが、こういったカメラは、とりわけ小さな素子を搭載している場合が多いのが特徴です。これは、大きな素子で高倍率を実現しようとすると非常にレンズが大きくなってしまうためです。軽量小型で、高倍率なズームレンズを実現するためには、小さな素子が有利なのです。もちろん、画質面で、小型の素子が不利なのはメーカーも知っているハズですが、ユーザーが望むものはメーカーも作ります。多少画質が悪くても高倍率なカメラというのは便利ですし、カタログにも光学何倍!と書けますからね。

逆に、比較的低倍率もしくは、単焦点のレンズにすれば、割と小型なカメラを作れます。

小型撮像素子はボケない

これは、最近では話題になる事も多くて今更解説するまでもないかもしれませんが、小さなサイズの撮像素子は被写界深度が深くなる傾向が有ります。被写界深度とは、ピントを合わせた点に対して、前後どこまでピントが合うのか?という事です。深い浅いで表し、広い範囲にピントが合うレンズは被写界深度が深いと表現されます。

初心者からみれば、被写界深度は深い方が良いと思われるかもしれませんが、浅い被写界深度のレンズを使えば、被写体を背景から浮かび上がらせる効果が有ります。写真でも映像でもそうですが、主役となる被写体は画像の中で浮かび上がっていなければなりません。画面の中に溶けこんでしまっていては散慢な雰囲気になってしまうわけですね。

もちろん、どこまで浮かび上がらせるかは、カメラマンのセンスの見せどころですが、コンパクトデジカメの素子では、ほとんどボケないというのが、世間一般の評価のようです。

ちなみに、被写界深度の深いレンズは、ピント合わせが楽です。非常に被写界深度が深い一部のレンズでは、絞りを絞ればあまりピント合わせが必要無いものさえ存在します。時代によって、被写界深度が深いレンズが好まれる場合も有りますので、流行りと言えない事も無いのですが…

ダイナミックレンジは新しい撮像素子の方が広い

黒潰れするところから白飛びするところまで、どれぐらいの明度差を一画面内で捉えられるか?を表す性能としてダイナミックレンジが有ります。一般的には、大きな素子のカメラの方がダイナミックレンジは広いのですが、素子の技術開発は日進月歩で進んでいます。新しく開発された、小型素子が、旧型の大型素子に勝つ逆転現象もよくおこります。サイズだけで物事を見ていると、思わぬ損をする事も有りますので、注意が必要ですね。ダイナミックレンジは広いに越したことは無いでしょう。

ホーム > デジタルカメラトップへ > 素子のサイズはカメラの性格を決定する


PR AMAZONで購入!

 


 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
無題ドキュメント

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-2013,hangar7,All Rights Reserved

 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント