デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。

デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

ハマ マグナムデジライト

 

マイクロフォーサーズで遊ぶ

コンパクトレンズ交換式カメラを楽しむ

 

ムービー

Adobe Premiereの解説

応用編

AVCHDの変換あれこれ

PowerDirectorでAVCHDもサクサク編集

ビデオカメラの基礎

デジカメと似てるようで違うビデオカメラについて解説

 

ドライブ

鯖街道 若狭街道

山中越え(志賀越え)

 

お花見 花の名所・観光スポット

旅行計画の参考に花の名所・観光スポット情報はいかがですか?

桜の名所・観光スポット 桜以外の名所・観光スポット

紅葉の名所・観光スポット

 

梅の名所・観光スポット

菜の花の名所・観光スポット

チューリップの名所

芝桜の名所・観光スポット

バラの名所・観光スポット

牡丹の名所・観光スポット

藤の名所・観光スポット

つつじの名所・観光スポット

花菖蒲・かきつばたの名所

あじさいの名所・観光スポット

ユリの名所・観光スポット

ハスの名所・観光スポット

ひまわりの名所・観光スポット

萩の名所・観光スポット

彼岸花の名所・観光スポット

コスモスの名所・観光スポット

 

お子さんと地図を読む

ドアプロテクターで、駐車中の愛車を傷から守る

スマホあれこれ

リンク集


紅葉の名所めぐり 京都 東福寺 通天橋・方丈庭園 秋の行楽お勧め観光スポット


 

ホーム > ドライブトップ > お花見 桜以外 >京都 東福寺 通天橋・方丈庭園 秋の行楽お勧め観光スポット

紅葉の名所へ戻る

秋の花 名所めぐり

 

2010/11/19

 

東福寺 通天橋

 

東福寺は、東大寺の東と、興福寺の福の字を取り、九条家の菩提寺として鎌倉時代に造営されました。鎌倉末期の度重なる火災で多くの伽藍を失いますが、1347年には仏殿が再建され、威容をとりもどしました。惜しくも、明治14年に方丈、仏殿、法堂を火災で失いますが、中世から残る建物も多い。失われた伽藍も多くが再建されています。

 

東福寺には洗玉澗と呼ばれる谷が境内を通っています。この谷には、臥雲橋、通天橋、偃月橋の三つの橋がかかっており、東福寺三名橋とも呼ばれています。このうち、通天橋から臥雲橋までの間に広がる部分が、通天橋庭園となっており、一番の見所となっています。

 

臥雲橋はお寺の端にあって、無料の区域。実は、通天橋が良く見えて絶好の紅葉スポットとなっています。逆に、通天橋からは臥雲橋が見え、谷筋の庭園内部を散策するには、通天橋庭園へ入園する必要が有ります。重文の開山堂は、通天橋から入ります。偃月橋は、方丈よりも奥にあり、塔頭(たっちゅう) 龍吟庵と即宗院への道となります。

 

また、重森三玲の八相の庭がある方丈は別料金となっています。橋は有りませんが、通天台と呼ばれる舞台があり、通天橋など洗玉澗の景色を楽しめます。通天橋は、京都で最も混雑する紅葉スポットの一つではないかと思いますが、方丈や塔頭は、それと比べると空いています。

 

東福寺 境内地図

 

東福寺 仏殿
仏殿は再建されたものですが、境内には大きな伽藍が立ち並びます。

 

東福寺 三門
三門。室町初期に再建されたもので、国宝。

 

東福寺 臥雲橋
通天橋から見た臥雲橋。

 

東福寺 臥雲橋
臥雲橋は無料の区間で、朝は高校生の通学路となっていました。

 

東福寺 偃月橋
やや、離れた場所にある偃月橋。

 

東福寺の落ち葉

 

東福寺通天橋庭園
通天橋庭園。橋の上から見ているのとは違った景色を楽しめます。

 

東福寺 通天橋庭園

 

東福寺 紅葉
完全に赤くなるまでには、もう少しの葉も多く、まだまだ見られそうです。

 

東福寺 方丈
方丈

 

東福寺 通天台
通天橋から見た通天台。

 

通天台 内部
通天台 内部

 

八相の庭 南庭
重森三玲の代表作 八相の庭。東西南北 四面の庭で構成されています。

 

八相の庭 北庭
市松模様の北庭。南庭と比べ北庭は非常にモダン。

 


大きな地図で見る 

 

紅葉の名所一覧 秋の花 名所一覧 9月の花 一覧 10月の花 一覧 11月の花 一覧 花の名所 トップページへ トップページへ

 

 


 

無題ドキュメント
無題ドキュメント

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved

 

更新情報