デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。

デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

ハマ マグナムデジライト

 

マイクロフォーサーズで遊ぶ

コンパクトレンズ交換式カメラを楽しむ

 

ムービー

Adobe Premiereの解説

応用編

AVCHDの変換あれこれ

PowerDirectorでAVCHDもサクサク編集

ビデオカメラの基礎

デジカメと似てるようで違うビデオカメラについて解説

 

ドライブ

鯖街道 若狭街道

山中越え(志賀越え)

 

お花見 花の名所・観光スポット

旅行計画の参考に花の名所・観光スポット情報はいかがですか?

桜の名所・観光スポット 桜以外の名所・観光スポット

紅葉の名所・観光スポット

 

梅の名所・観光スポット

菜の花の名所・観光スポット

チューリップの名所

芝桜の名所・観光スポット

バラの名所・観光スポット

牡丹の名所・観光スポット

藤の名所・観光スポット

つつじの名所・観光スポット

花菖蒲・かきつばたの名所

あじさいの名所・観光スポット

ユリの名所・観光スポット

ハスの名所・観光スポット

ひまわりの名所・観光スポット

萩の名所・観光スポット

彼岸花の名所・観光スポット

コスモスの名所・観光スポット

 

お子さんと地図を読む

ドアプロテクターで、駐車中の愛車を傷から守る

スマホあれこ

リンク集

無題ドキュメント

【レビュー】JBL『GRIP200』外の音が聞こえてゴロッとしたデザインが面白い 防水・防滴、スポーツイヤホン


 

トップヘッドホン・イヤホン一覧 > JBL GRIP200

 

JBL GRIP200

 

ジョギングで使うイヤホンを探す

bocoの骨伝導イヤホンearsopen-wr-3を使ってみて、外部からの音を聞きつつ音楽を聞くということに目覚めました。私にとってイヤホンと言えば、いかに外部からの音を遮断しクリアに音を聞くか?しかなく、安全な状況でしかイヤホンは使わないのが常識でした。

 

そこで気になるのは、骨伝導イヤホンと従来型のオープン型イヤホンでは、差はあるのだろうか?と言う訳で、オープン型のイヤホンに急に興味が湧いてきたわけです。

 

条件としては

 

スポーツ用のイヤホンは一般的なイヤホンと比べると機種も少ないのだが、そんな中から、JBL GRIP200を選んでみた。JBLと言えばスピーカーなどの音響機器で有名なブランドだが、今まで縁が無くて今回初めて購入となる。

 

こんなに大きなイヤホンが耳に入るのか?

まず箱を開けてみて感じたのは、とりあえずイヤホンとイヤーピースが大きくて、こんな大きなイヤホン耳に入るのか?ってこと。説明書の解説通り、少し傾けて差し込んでから回転させるとスッと耳に収まって、一度収まってしまうと外れにくくて不思議な感じだ。装着してみた感じでは、見た目の大きさとは裏腹に大概の人の耳に収まる大きさなのではないかとは思うが、イヤーピースの取付角度など、各人で調整しないと耳と接触する部分がでてきたりするので、装着してそのままつけ心地完璧を求める人には向かないだろう。

装着感については癖が有るので、大型量販店などで試してから購入した方が良いかも。

 

JBL GRIP200の音質は?購入直後はキンキンして疲れる音質…

そして、開封直後は音がキンキンしていて、耳が疲れるし、これは今までに買った中でもトビッキリのハズレなんじゃないかと思うほど。気を取り直して、エージング(慣らし)してみることするが、20時間、30時間と適当に鳴らしてみて、だんだん良くはなるけど、耳が疲れる感じは中々取れず、これは本格的に駄目なイヤホンなのかなと思いながらも、粘り強く使っているとそのうち落ち着いてきた。時間は測ってないが100時間以上かかったのでは無いかと思われる。

 

これだけエージングに時間がかかると、買って使ってみたけどイマイチでしたと、慣らしが終わる前に諦めちゃう人もいたんじゃ無いですかね…慣らしが終わってみればキンキンした音も収まって、割と落ち着いた感じに。とりあえず、箱から取り出して、直ぐに聞いた音で判断して、ゴミ箱直行なんて事が無いように…

 

JBL GRIP200を実際にジョギングに使ってみる

ケーブルのY字に別れた部分が、やや長い点について使いにくいとの意見も有るようだが、イヤホン用のクリップを3ヶ所ぐらい取り付けてしまうと、コードがバタバタすることもなく、思ったほどコードの擦れ音も無い。ちょっと気になったのはイヤホンを通して心拍音を伝わってくる事。常時聞こえる訳ではないけど、気になる人もいるかもしれない。

 

また、比較的イヤホン本体が大きい事も有って、ジョギング時の振動や衝撃を拾って振動音を出してしまう事がある。これは、どのイヤホンのも大なり小なり有るが、本体大きいのでやや不利かもしれない。

 

10km程度走ってみたが一度も外れそうになったこともないので、外れ難さに関してはレベルが高い。この辺りは面白い形と相まって良く練られている印象。まずまずの使い心地なのではないだろうか?

 

プラグ部分の長さがやや長く、L字型では無いので、スマホを入れるウエストポーチの蓋の形によっては干渉する可能性が有るので気をつけた方が良いだろう。最も、これは各人の使い方にもよるので、欠点と言える程ではない。私のウエストポーチで使うにはL字型の方が便利だっただけの話だ。

 

外の音は十分聞こえる

ゴロっとしたイヤーピースの形状などから外の音が聞こえるのか少々不安だったが、イヤホンのやや後ろよりに小さな穴が空いていて外の音は問題なく聞こえる。

 

周囲を走る車の音は比較的大きいので聞こえて当たり前として、問題は自転車の接近に気付けるかどうかだろう。前方から接近する自転車は視界にも入るし問題無い。後方から接近する自転車の音も距離が近ければ聞こえる。自転車は思ったよりも速度が速く、音も静かなので、イヤホンなしで普通に歩いていても後方からの接近に気づきにくい。道路や歩道を走っている場合に、直進している場合は良いが、曲がったり何かを避けたりする場合には後方に注意した方が良さそうだ。

 

もちろん、全体的に聞こえ方は悪くなるので、過信は禁物だし、音量はごく小さくしておかなければ、周囲の音を聞き逃す可能性が有る。とは言えまずは問題なくジョギングに使用できる。少し速く走ると、風切り音が入るようだ。

 

JBL GRIP200は誰にでもは勧めない

とりあえず、色々一筋縄では行かないところもあって、やや気難しいイヤホンのようにも感じる。その傾向は、一風変わった外見からもにじみ出ているが、一方で、どの問題も少し気長に付き合ってやれば我慢出来る程度の問題のようにも思える。それほど高いイヤホンでも無いので、一度試してみるのも良いだろう。

 

JBL GRIP200 箱収納状態

 

JBL GRIP200 付属品一覧

換えのイヤーピース以外は付属品は少ない。適当なイヤホン用のクリップなどを買い足すと良いだろう。

 

JBL GRIP200他のイヤホンのとの比較

本体・イヤーピースともに、ゴロッと大きくて少し戸惑う。

 

トップヘッドホン・イヤホン一覧 > JBL GRIP200

 


 

Amazonで購入!

 

 


 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
無題ドキュメント

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved

 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
更新情報
無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント