デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。

デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

LX-3に、ニコンダイレクト オリジナルストラップ ゼブラを取り付けてみる

ハマ マグナムデジライト

LX3に、一眼用ストラップ

LX3をキャップレスに

カメラ選び
カタログやHPを見ただけではわからないカメラ選びのポイントを解説

マイクロフォーサーズで遊ぶ
コンパクト レンズ交換式カメラを楽しむ

ムービー

Adobe Premiereの解説

応用編

AVCHDをTMPGEnc+Core i7で変換

AVCHDの変換あれこれ

PowerDirectorでAVCHDもサクサク編集

ビデオカメラの基礎
デジカメと似てるようで違うビデオカメラについて解説

ドライブ

鯖街道 若狭街道

山中越え(志賀越え) 

お花見 花の名所・観光スポット

桜の名所・観光スポット

桜以外の名所・観光スポット

紅葉の名所・観光スポット

菜の花の名所・観光スポット

ひまわりの名所・観光スポット

コスモスの名所・観光スポット

お子さんと地図を読む

ドアプロテクターで、駐車中の愛車を傷から守る

リンク集

無題ドキュメント

2012年 カメラ選び!お買い得感の有るデジタル一眼を選ぶ!
SONY α57 2回目 DT35mm F1.8 SAM SAL35F18を購入


 

ホーム > デジタルカメラトップへ > α57 2回目 DT35mm F1.8 SAM SAL35F18を購入

DT35mm F1.8 SAMは、焦点距離35mm(35mm換算52.5mm) F1.8のレンズ。スペックだけ見れば、昔からあるスペックがチョット低くて、激安の標準レンズですね。もちろん、F1.4クラスの標準レンズの方が写りは良いのでしょうが、そうそう高いレンズも買えないところへ、ちょっと手を伸ばせば届く価格なのが、DT35mm F1.8 SAMと言うわけです。

α57を買って、色々使っている内に、やはりもっと明るいレンズが欲しくなって来ました。トランスルーセントミラーのαシリーズと言えば、その高い連写性能が売りの一つな訳ですが、シャッター速度を稼げないと、動く被写体はブレてしまって、せっかく連写しても被写体を止めて撮影することが出来ません。

特に、今回α57を買った目的の一つは年老いた愛犬の写真をしっかり残す事。犬は中々じっとはしてくれず、絶えず動き続けています。唐突にあくびをしたり、毛づくろいをしたり、ともかくジッとしている瞬間というのは一瞬しか有りません。

これをカバーするには、α57の高い連射速度と、明るいレンズを組み合わせるのが一番手軽そうです。そして、忘れては行けないのがバリアングルモニターです。

ちなみに、キットレンズでもISO3200程度に上げれば撮影出来ない事は無いのですが、ISOは低い方が、ノイズが少なく綺麗に撮影出来ます。と言う訳で、もう少し(もっと?)明るいレンズで、ISOを少し下げて、シャッター速度を確保出来れば最高です。実際、3.5と1.8では2段ぐらい差が有りますから、かなり速いシャッター速度で撮影することが出来ます。

と言う訳で、α57の連射速度 8コマ/秒+DT35mm F1.8 SAM+バリアングルモニターで撮影出来るようになったわけですが、予想通り非常に撮影がしやすくなりました。ISOを1600に下げた上で、比較的速いシャッター速度で撮影することが出来るようになりました。もちろん、バリアングルモニターで、寝転ばなければ撮影出来ない程度の高さでカメラを構えられるし、やや遅いとは言えAFも効きます。

ピントについては、部屋がそれほど明るくない事も有ってか、AFが迷う事も結構有りましたが、まあ、この辺はあんまり期待してなかったので、合うまで待つか、MFで合わせれば良いでしょう。35mmとは言え、F1.8の絞りは被写界深度が浅い目なので、どこにピントを合わせるかは考えなければなりませんけどね。

少々心配していたのは、50mm相当となれば、室内で使うにしては画角が狭いので、大丈夫かなと思っていたのですが、我が家の愛犬がミニチュアダックスだったのあってか、特に問題有りませんでした。間近に寄ってくると、画角が狭いので、自分撮り状態で撮影し難い場合が有りますが、工夫次第な気もします。

一つ驚いた点としては、ピントリングです。被写体までの距離が書かれた部分が、実はピントリングなのですが、慣れていないのもあって違和感が有ります。DT35mm F1.8 SAMは、初めての交換レンズを想定しているのもあって、MF使用時の事などはあまり考慮されてないのかもしれません。もちろん、ピントリングに適度なトルク感とか、高級感は有りません。その辺は割りきって使うしか無さそうです。

レンズ先端はピントを合わ時に伸び縮みしますが、回転しないので、PLフィルターを使う場合などには便利です。

マウントは、当然プラスチックですが、これはE-PL1の標準ズームもプラスチックマウントでしたが、特に問題は出なかったので、大丈夫かと思います。

動くものには位相差AF使える一眼レフを!なんてアドバイスをよく聞きますが、結局、エントリークラスの一眼では、AFの性能に限界が有るようにも思います。AFは期待を裏切るかもしれませんが、レンズの明るさによるブレの防止は確実です。

最近は、ボケとか副次的な効果が重視されて、明るいレンズが暗い場所で速いシャッター速度を得るという基本的な事が蔑ろにされてる気がします。

別にαに限らず、どこのメーカーでも明るいレンズにはメリットが有りますがので、ズームでないと不便…とか、レンズ交換が面倒…とか言わないで、F2より明るい単焦点レンズを装備に加えてみて下さい。きっと良い事有りますよ!

キットレンズよりは、かなり背景がボケます。犬が、顔をクシャクシャにして、あくびしてる時は、一瞬一瞬で違う表情をしてます。こういう場合は、高速の連写がモノを言いますね。我が家の犬はAFの動作音が嫌いなようなので、MFで撮影する事も多いです。ミラーアップに伴う金属音も耳障りで嫌いなようなので、TLMのαにして良かったです。

近距離では、それなりにボケます。マクロレンズ程は寄れませんが、チョットした近接撮影には使えますね。

背景に光源が有っても、うるさい感じにはボケないようです。トンボなど虫を撮影する場合、それなりに接近する必要が有ります。

フルサイズの50mm標準レンズほどはボケませんが、ガサガサした感じにはボケないのは好感を持てます。ただボケの量が大きいだけでは、残念ですよね。

元々、F1.8と明るいレンズなので、ISOを1600程度に上げれば、少しぐらい暗くても平気です。暗い場所に弱いと言われるトランスルーセントミラーのαですが、さすがに一昔前のカメラやコンデジとは勝負になりません。個人的には、目くじら立てるほど弱いとも思いませんが…

トランスルーセントミラーは、30%の損失が有るなんて話も有りますが、もしそうでも、一段分の差は無いって事です。暗いズームレンズを諦めたほうが、よっぽど差が出ます。


照明が設置された屋台程度の暗さならば、苦もなく撮影出来ます。

ホーム > デジタルカメラトップへ > α57 2回目 DT35mm F1.8 SAM SAL35F18を購入


Amazonで購入!

 


 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
無題ドキュメント

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved

 

無題ドキュメント
無題ドキュメント
更新情報
無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント

 

無題ドキュメント