デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。

デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

デジカメトップ

 

ムービー

ムービートップ

premiereの基礎知識

Premiereの初期設定

ビデオキャプチャー

動画読み込み

タイムライン編集

タイムラインの調整

トランジションの設定

透明度の設定

エフェクトの設定

テロップの作成

音声の調整

ムービーの書き出し CS4の場合

静止画の書き出し CS4の場合

ムービーの書き出し CS3の場合
Quick Time及び、AVI

再生速度の調整 早回し、スローモーション

動画をモノクロにする

モザイクを部分的にかける ガベージマット編

AVCHDをTMPGEnc+Core i7で変換

AVCHDをフリーで再生する

Premier CS3でAVCHDを扱う

WinFastPxVC1100+TMPEG Enc 4.0でMPEG変換

AVCHDの変換あれこれ

Power DirectorでAVCHDもサクサク編集

シンプルで軽快な動画編集ソフト LoiLoScope

AVCHDファイルを編集する方法を考える

最近買ったクリエイティブ関係の本

 

ドライブ

ドライブトップ

 

スマホ関係

 

auから格安SIMへの乗り換え顛末記

 

リンク集


Premiereで動画編集 応用編
再生速度の調整 早回し、スローモーション


 

ホーム > ムービートップ > 早回し、スローモーション

Adobe Premiere Proでは、再生速度を早くするオーバークランク(早回し)、スローモーションとするアンダークランクの効果を簡単につけることが出来ます。特に、早回しは簡単に使えて効果的なので、編集を行っていてチョッと長いなって思ったら、使って見ましょう。意外とコミカルで面白い演出となる場合も有ります。逆にスローモーションは、元の画像よりもコマ数を増やさなければならないので、映画やテレビで使われているような滑らかなスロー再生が実現されるわけではありません。遅くすればするほど、カクカクした動画となってしまいます。

滑らかなスロー再生を得るには、動画の撮影段階から高速度カメラで撮影しておく必要があります。それでも、ソフト上でスロー再生を実現できるのは表現上有効である事には変わりありません。

速度調整(早回しorスロー)をするクリップを選ぶ

スロー再生または、早回しの設定 クリップの選択

速度の調整を行いたいクリップ上にカーソルを移動し、右クリックすると、上記のようなポップアップメニューが表示されます。この中から、速度・デュレーションをクリックします。

再生速度の設定

再生速度の設定

速度と書かれたボックスに数値を入力して、再生速度を設定します。数値が100%の場合、等速再生、100%よりも大きな数字の場合、早回しとなります。例えば、500%と入力されていたばあいには、5倍速再生となります。逆に100%よりも小さい数値にすると、スロー再生となります。

スロー再生は、遅くすればするほど、カクカクした動画となってしまいます。

逆再生

逆再生にする 逆再生にチェックを入れると、逆再生となります。速度と組み合わせる事によって、早回しで逆回しなどの組み合わせも行えます。

オーディオのピッチを維持

動画に音声がある場合、早回しにすると音が高く、スローにすると音が低くなってしまいますが、オーディオのピッチを維持にチェックを入れておくと、音の高さを変えずに速度を変化させられます。

変更後に後続のクリップをシフト

速度を変更すると、クリップの長さが変化してしまいますが、このチェックボックスにチェックを入れておくと、自動的に調整してくれます。

OKを押す

OKを押すと、ウインドウが閉じ効果が適用されます。

Premiere
Adobe Premiereの解説 トップ
adobe Premiereは、キャプチャー(PCへの取り込み)、編集、エフェクト、書き出しの出来る統合編集ソフト。もちろんテロップや静止画入れる事も可能です。

 


 

 


 

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved

 

更新情報