デジカメ 動画編集 花の名所めぐりから遊ぶ HANGAR7。

デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

デジカメ

デジカメトップ

 

ムービー

ムービートップ

premiereの基礎知識

Premiereの初期設定

ビデオキャプチャー

動画読み込み

タイムライン編集

タイムラインの調整

トランジションの設定

透明度の設定

エフェクトの設定

テロップの作成

音声の調整

ムービーの書き出し CS4の場合

静止画の書き出し CS4の場合

ムービーの書き出し CS3の場合
Quick Time及び、AVI

再生速度の調整 早回し、スローモーション

動画をモノクロにする

モザイクを部分的にかける ガベージマット編

AVCHDをTMPGEnc+Core i7で変換

AVCHDをフリーで再生する

Premier CS3でAVCHDを扱う

WinFastPxVC1100+TMPEG Enc 4.0でMPEG変換

AVCHDの変換あれこれ

Power DirectorでAVCHDもサクサク編集

シンプルで軽快な動画編集ソフト LoiLoScope

AVCHDファイルを編集する方法を考える

最近買ったクリエイティブ関係の本

 

ドライブ

ドライブトップ

 

スマホ関係

 

auから格安SIMへの乗り換え顛末記

 

リンク集


Adobe Premiere Proで動画編集 タイムライン編集
カッティングの仕方


 

ホーム > ムービートップ > タイムライン編集(カッティング)

 

カッティングとは?

キャプチャーや読み込みも終わり、素材も揃ったところで、いよいよ動画編集の作業へ移りたいと思います。基本的に編集作業はクリップから余分な箇所をカットし、つなぎ合わせる作業の繰り返しです。いわゆるカッテングと呼ばれる作業ですね。フィルムを編集していた時代には、スプライサーと呼ばれる、フィルムカッターを使用して実際にフィルムを切っていたので、その名残で今でもカッティングと呼ばれます。

ツールにレーザー(カミソリ)ツールと呼ばれる機能が有りますが、これもフィルム時代の名残りですね。

今回は、小難しいことは考えなくて良いように、簡単な方法から解説してゆきます。

 

クリップをソースウインドウへドラッグ

 

キャプチャーした映像やファイルから読み込んだデータはクリップとしてプロジェクトウインドウへと並びます。その中から、自分が使用したい映像を選び、不要な部分をカットします。方法は何種類か有りますが、ソースウインドウを使用した方法がもっとも一般的です。

ソースウインドウで作業するためにクリップをダブルクリックするかドラッグして、ソースウインドウへクリップを読み込みます。

 

イン点 アウト点の設定

 

ソースウインドウへクリップを読み込んだら、ルーラーをクリップの中で使用したい始点(インポイント)へ移動させます。ルーラーを移動させたら、インポイントマーカーボタンをクリックし、インポイントを設定します。ソースウインドウのタイムラインにインポイントを示すカッコが表示されます。同様に、ルーラーを終点(アウトポイント)へ移動させ、アウトポイントマーカーボタンを押して、アウトポイントを設定します。インポイント、アウトポイントに挟まれた範囲がハイライト表示になり、選択されていることが確認出来ます。

 

ソースウインドウからタイムラインへ

 

ソースウインドウでインポイント、アウトポイントをつけ終わったら、いよいよクリップをタイムラインへ並べます。動画編集の作業は基本的にはこの作業の繰り返しで、次の素材も同様の手順で不要な部分をカットして、今並べたクリップの後ろへと並べてゆきます。

 

Premiere
Adobe Premiereの解説 トップ
adobe Premiereは、キャプチャー(PCへの取り込み)、編集、エフェクト、書き出しの出来る統合編集ソフト。もちろんテロップや静止画入れる事も可能です。

 


 


 

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved

 

更新情報