デジカメと撮影機材Premiereと映像お花見とドライブリンク集

ドライブ

鯖街道 若狭街道

山中越え(志賀越え)

 

お花見 花の名所・観光スポット

旅行計画の参考に花の名所・観光スポット情報はいかがですか?


花の名所トップ



桜の名所一覧


紅葉の名所一覧


梅の名所一覧


椿の名所一覧


菜の花の名所一覧


チューリップの名所一覧


芝桜の名所一覧


バラの名所一覧


牡丹の名所一覧


藤の名所一覧


つつじの名所一覧


花菖蒲・杜若の名所一覧


あじさいの名所一覧


ユリの名所一覧


ハスの名所一覧


ひまわりの名所一覧


萩の名所一覧


彼岸花の名所一覧


コスモスの名所一覧

 

ムービー

Adobe Premiereの解説

応用編

AVCHDの変換あれこれ

PowerDirectorでAVCHDもサクサク編集

ビデオカメラの基礎

デジカメと似てるようで違うビデオカメラについて解説

 

リンク集


水溶きタミヤアクリルと、アクリルガッシュでプラモ・模型の無臭筆塗り塗装を目指す!


 

トップ > ホビートップ > 水溶きタミヤアクリルと、アクリルガッシュでプラモの無臭筆塗り塗装を目指す!

 

 

プラモ・模型の水性塗料と言えばクレオスのアクリジョンや水性ホビーも悪くないが…

以前から出来るだけ無臭のプラモ塗装を目指して水性塗料のアクリジョンを試したりしていたのですが、筆塗りだと厚ぼったくなってしまったり、隠蔽力の低い色が有ったりしてイマイチ完全に移行することが出来ない状態でした。

 

エアブラシを使用すればアクリジョンでも、ある程度満足行く仕上がりにはなりますが、個人的には、手軽な筆塗りが出来て、隠蔽力が高く、鮮やかな発色を水溶き筆塗りで実現できないのか模索してみました。

 

冬場の塗装や短い時間での作業に筆塗りは手軽ですしね!

 

プラモ用塗料のアクリジョンも悪くは無いのですが、筆塗りで塗るとどうも厚ぼったくなるのと、隠蔽力が高い黄色が無いのが残念なポイント。黄色はガイアカラーで塗装してます。

 

プラモ・模型用に水溶き出来て隠蔽力の高い塗料は無いのか?

とりあえず、クレオスの水性塗料 水性ホビーとアクリジョンで水溶き塗装を初めたのですが、黄色の隠蔽力は非常に低く、ここで初っ端から躓きました。仕方ないので白や黄色などだけガイアカラーで塗ったりしていたのですが、やはり臭いが強いので何とか水性塗料に切り替えたいなと考えていました。

 

水性塗料で隠蔽力が高いと言えば思いつくのはシタデルやファレホではないかと思います。色々探していると、タミヤアクリルのフラットイエローはかなり隠蔽力が高いとの情報を聞いたので、試してみる事にしました。

 

早速タミヤアクリルを試してみると、水溶きでも鮮やかな発色で隠蔽力が高く使いやすいとの手応えを得ました。シタデルは入手性が悪かったので試していませんが、ファレホと比べても、やや隠蔽力が低い程度で、むしろいかにも黄色といった発色が好印象でした。

 

また、黄色や青色の塗料にはつや消し色がラインナップされていない場合が有りますが、タミヤアクリルにはフラットイエローや、フラットブルーがラインナップされていうのも強みと言えます。

 

何となくですが、タミヤアクリルはスケールモデル中心に展開してきたタミヤぽいラインナップな感じがします。

 

黒いスプーンで隠蔽力をテスト。アクリジョンや水性ホビーは隠蔽力が低く、下地の黒が透けてしまっています。
左から

タミヤアクリル フラットイエロー

シタデル アヴァーランドサンセット

クレオス 水性ホビー イエロー

クレオス アクリジョン イエロー

 

シタデルのアヴァーランドサンセット隠蔽力が高く評判が良いのですが、やや黄色と言った感じの色から外れているのと、価格が高いので、補助的に使っていこうかと考えています。

 

 

タミヤアクリルにはつや消しで赤青黄色がラインナップされているのが大きな利点です。

 

 

 

次は青でつまづく…

ガンプラなどを塗装するには鮮やかな青が欲しいところですが、ここで次の問題にぶつかりました。水性塗料やタミヤアクリルには鮮やかで隠蔽力の強いコバルトブルーが無かったのです。

 

先程上げたタミヤアクリルのフラットブルーなどもつや消しの青色として貴重なのですが、やや彩度が低いのと、どちらかと言えば紺色系。調色して色を出そうとしても、混ぜれば混ぜるほど彩度(色の鮮やかさ)が下がるので、グレーぽさが出てしまいます。

 

水性ホビーにはコバルトブルーがラインナップされていますが、なぜか模型用塗料のコバルトブルーは隠蔽力が低い塗料が多いようで、筆塗りには不向きな印象です。

 

今度は、鮮やかで、隠蔽力が高いコバルトブルーを確保しないと問題は解決しそうもありません。

 

ガンプラと言えばトリコロールカラー。スカイブルー系の青なら水性塗料でもラインナップされていますが、コバルト系は良い色が有りませんでした。

 

水性ホビーのインディーブルーは鮮やかな青で、是非入手したい色ですが、やはりコバルトブルー系の色を出すのは難しそうです。

 

 

スプーンでの試し塗りで色々試してみた結果…

 

鮮やかで、隠蔽力高く、つや消しのコバルトブルーはプラモ・模型用塗料からは見つけられなかった…

スプーンで試し塗りしたりしながら、鮮やかで、隠蔽力の高いコバルトブルー系の青を探しましたが、手軽に手に入る模型用塗料の中には、条件を満たす塗料は有りませんでした。今後も探していこうとは思いますが、まずは別の方法を模索します。

 

次に考えたのは、アクリル絵の具の中でも不透明水彩系のアクリルガッシュを試してみました。

 

アクリル絵の具など画材の世界では隠蔽力が高い絵の具のことを不透明色としてラインナップしていますが、ポスターカラーやガッシュは代表的な不透明色の絵の具です。ガッシュではないアクリル絵の具は、やや隠蔽力が低い場合が多く、特に黄色は隠蔽力が低い場合が多いので、選択肢から外しました。

 

チョイスしたのは、ターナーのアクリルガッシュからコバルトブルーを選んでみました。

 

ターナーのコバルトブルーは、つや消しで鮮やかな青です。

 

 

アクリルガッシュは擦れると剥げやすいので、プラモ・模型用塗料と混ぜてみる!

使用前から予想していた事ですが、アクリルガッシュはプラスチックへの食いつきが悪く擦れば剥がれやすいのが弱点です。そこで考えたのは、模型用の水性塗料にアクリルガッシュを混ぜて使えないのかという事。

 

試してみれば良いだけなので、思い切って混ぜてみると、どちらの色材も水で溶けるので簡単に混ざってしまいました。やや、厚ぼったくはなりますが、鮮やかなコバルトブルーが実現出来ました。

 

模型用の塗料と混ぜているとは言え、模型用の塗料単品で扱うよりは強度は低いので、トップコートしたり、接触や擦れには注意が必要です。

 

左側が、アクリルガッシュのコバルトを混ぜた色。右側は水性塗料を混ぜて作った色。白を混ぜると比較的近い色になりますが、彩度が低い印象です。

 

これに調色した赤を用意して、ガンダムをトリコロールカラーに塗る事が出来ました。

 

ツールクリナーには、マジックリンを使うと無臭でクリーニングも出来ます

 

 

筆塗りで使うには乾燥速度が早すぎるので、やや多めにリターダーを添加して塗っています。

 

 

 

まだまだ、改良点は有りますが…無臭塗装行けそう?

ひとまずは、無臭に近い感じでプラモの塗装が出来るようになりました。タミヤアクリルは水性ホビーと比べると、やや臭いが強いようにも思いますが、塗料用の溶剤を使わなければ無臭に近い感じで塗装出来るのではないかと思います。

 

トップ > ホビートップ > 水溶きタミヤアクリルと、アクリルガッシュでプラモの無臭筆塗り塗装を目指す!

 


 

 


 

デジカメ 動画編集 花の名所・観光スポット 旅行情報 HANGAR7
当サイトはリンクフリーです。

postomaster-x@hangar7.jp

© 2008-,hangar7,All Rights Reserved